GUIの歴史からみるSkeuomorphic designの成り立ちと設計指針

2007年に発表され、Apple、iOSのインターフェイスに代表されるSkeuomorphic design(スキュアモーフィックデザイン)に焦点をあて、その歴史や成り立ちについてリサーチした結果をまとめています。「親近感・直感的・魅力的」という三つの軸から、GUI上の情報の優先度とコントロールについても述べています。